トップページサイトマップ
建築学科の紹介
トップ > 建築学科の紹介

建築学科の紹介

建築学科の特色

建築学は、未来の建築や都市を構想し、地域の歴史・文化の継承とよりよい人間環境の形成を担う学問です。建築は使いやすくて、美しくて、しかも丈夫でなければなりません。建築学は技術的問題に限らず、社会的・文化的問題まで及ぶきわめて広い領域にかかわっているのです。建築にたずさわる者はこれらの多様な要素を総合的にまとめあげてゆく能力を必要とします。そして、総合的な技術・知識の理解が要求されるばかりでなく、芸術的な造形能力も必要です。

したがって建築学科では、住宅から都市に至るまで人間の多様な生活に密着した空間をつくり出すために、建築文化を歴史的に顧みながら、建築を理論的に計画し、具体的な形に設計する方法、快適で省エネルギーな環境をつくるための環境工学、地震・台風などに耐えうる建築構造技術、建築を構成する材料の理解とその施工技術などについて教育・研究を行なっています。本学科のカリキュラムは、建築学に関わる諸知識を体系的・理論的に学ぶための講義課目、具体的なデザイン手法を習得するための設計演習科目、専門的知識を体得するための演習・実験科目などがバランスよく組み込まれ、充実した内容となっています。このような教育を通じて、工学的技術や建築文化についての幅広い教養を修得し、卒業後には建築士などの資格を取得して、国際社会の第一線で活躍する建築家や建築技術者、研究者を養成します。


ページの先頭へ Copyright (C) 2008  Kyushu University. All Rights reserved.